各種特約って(生命保険での)

生命保険によくある特約と言われるものがありますが、これはどういったものかと言いますと、この特約とは主契約に対して保障をさらに追加をするといったものになりまして、主契約を補うかたちでついてくるものであります。よく聞くものでは、三大疾病特約やガン特約といったものは聞いたことがある人も多いでしょう。これは、主契約の定期・終身・養老保険といったものに付けますので特約だけで単独で契約をするといったことは出来ないのです。それと知っておいたほうがよいことは、定期保険や養老保険は、終身保険に特約としてつけたりする事が出来ます。この定期保険を特約にする定期付終身保険と呼ばれるものは、現在でも加入者は多い保険ではないでしょうか。

特約と一言でいっても種類は色々あって付けられる条件・保障内容といったものもその会社によっても違いますので、詳しくは保険会社の資料で調べると良いですね。
こちらの契約期間といったことは、基本的には主契約・保険料払い込み期間と同じでの期間ということになります。
保険を見直したり申し込みをする際に、主契約を決めてそこに特約を付けていくとなるのですが、自分のライフプランをきちんと考えて、必要・不必要なおものを選別していきましょう。

仮に25歳の男性のかたに60歳払い済みでの終身保険に、成人病入院特約をいったものを付けるとしますと、保険料を払っている間では五大成人病で入院をしたといったときに、入院給付金が支払われるのですが、注意するところは特約の契約期間に関しては保険料の払い込み期間満了までとなるので、満了後である60歳からでは特約の保障を受けることが出来ないのです。例外も一部ではあったりしますが、そういった場合でも最高で80歳までとなっているようで、特約分の保険料といったものを払うことになるのです。

自分にはいま成人病特約が必要なのか?どのくらいの時期に加入をしたほうが良いのか?といったことをよく考えてプランを決めていくことが大切になってくるでしょう。
生命保険を比較して正しく見直そうHOMEへ 生命保険を比較して正しく見直そうHOMEへ