生命保険や共済保険の違いを比較しよう

保険には色々な種類があって、どれがどのように違うといったことがなかなかわかり難いことがありますが、生命保険と共済保険がどのように違うのかを知っておきましょう。共済は民間での生命保険よりが負担する額が少ないなどといわれたりしますが、実際での生命保険との比較を知りたいところですね?共済とはまずどういったものかといいますと、JA共済、COOP共済、全労災のような協同組合、自治体等での一定の地域、職といったもので繋がっている人が団体を作って、災害や人の生死といったものなどに、一定での給付を行うといった事業をいいますね。生命保険はどういったものかというと、保険業法を根拠法にし、生命保険会社が取り扱っていますね。根拠法が共済では違って複数あったり、実施をする団体も多くあったりして、その根拠法といったものがない共済もあったりします。共済でよく聞く名前で、テレビのサザエさんをみて聞いたことがあるかもしれませんが、JA共済がありますね。このJA共済は、農業協同組合法を根拠法として基本的な保障は組合員となりますが、員外利用(これは組合員の一定の割合まで)、出資金を出して准組合員となって利用が出来たりします。その他の共済などと比べても医療保障が充実していたりしますね。
では全労災は(全国労働者共済生活協同組合連合会)はどうでしょうか。全労災やCOOP共済では消費生活協同組合法に基づき運営され、出資金を払うことで組合員になって利用が出来ます。全労災の共済の特徴で、旅保障、生存保障、医療保障や火災などによっての家財や住宅の保障そして自動車事故によっての賠償責任までしてくれるといったことがあります。こくみん共済もこっちでの共済ですね。他にも、保険料が安かったり、配当金も生命保険と比べて多かったりすることもあったり商品についてもわかり易いといったこともありますね。
COOP共済では自分で確保したい最低限の確保ができるようなもの、たすけあい・あいぷらすもあったりします。ちょっと融通が効かない?と思う部分があるかもしれませんが、審査が不要(一部を除いて)のところも多いですので、もし生命保険では毎月の負担が大きいと思ったことがあって今まで利用していなければ、共済を利用するといったことも検討してみてはどうでしょうか。
生命保険や共済の特徴をよく理解してサービス内容が自分にあったものを選びましょうね。
生命保険を比較して正しく見直そうHOMEへ 生命保険を比較して正しく見直そうHOMEへ